サイレントタイムを突き破るマスコミの音

ようやく台風が日本を通りすぎてくれました。
私は関西方面に住んでいるので、今回の台風では特に影響を受けませんでした。「ものすごく大きいと言われていたのに、こんなものなのか」と思いながらニュースを見て、甚大な被害が出ていることに驚きました。
静岡県伊豆市の方では、集落が1つなくなってしまうほどの大きな被害が遭ったようです。
今もまだ救出作業が行われているようで、すべてがうまくいくことを関西の空の下からお祈りしております。

……しかし、それを祈らない、自分の利益だけしか考えない人もいるようですね。
こうした災害が発生した時、ガレキの下に埋もれた人のかすかな声を聞き逃さないために、「サイレントタイム」という時間を設けるんだそうです。
この時間帯はさまざまな重機器の使用を中止し、細かな音に耳を傾けて一人でも多くの人を助けるために尽力します。

そんな時間帯に、ヘリコプターを飛ばす人たちがいるのです。

それは、マスコミ。
被害直後の悲惨な映像を少しでも記録してやろうと、サイレントタイムだろうがお構いなしにヘリコプターを飛ばしています。
この音のせいで他の人の努力は無に帰すことになり、サイレントタイムの意味がなくなってしまいます。

私が見たいニュースは、甚大な被害の衝撃的な映像ではありません。
どれだけの被害があり、どんな助けが必要なのか、得た教訓はあるのか。それらは、そのような映像を必要としません。
本当に必要な報道は何か。マスコミが理解してくれる日は来るのでしょうか。