カレイが左向き?

福井県坂井市の旅館で左向きのカレイが見つかったようです。体長25センチほどの若狭ガレイで左向きとは大変珍しいようです。私も、見分けるのに左がヒラメで右がカレイと覚えていたので、よく区別がついたものだと驚きました。

漁師や鮮魚店ではなく、料理人の方が包丁を入れようとしたときに気付いたとのことです。やっぱり先入観というものがあるもので、パッと見ただけでは気づくのは難しいのかもしれません。

現象としては左右が逆になることはあるらしいのですが、きわめてまれな事例のようです。冷凍保存していて今のところ料理に出す予定はないようですが、せっかくなら誰かに食してもらって味に違いがあるのか感想を聞いてみたいです。でも、めったにいないカレイなのでそのまま保存しておくのもいいかもしれません。

遺伝や環境などが原因ではないかとのことですが、最近日本全国で深海魚やダイオウイカが水揚げされるニュースをたびたび耳にするので、何か環境の変化の前兆ではないかと考えてしまうのは私だけでしょうか。